法人概要

心肺蘇生、そしてAED。

2019年05月23日

DSCF3090

P1030567

23日(木)は全職員で応急救護研修を受講しました。

講師は北多摩西部消防署の方です。

まずは、急病人を発見した際に行うことの確認。

その後心肺蘇生の仕方を教えて頂きました。

DSCF3093

DSCF3101

実際にレクチャーをして頂き、いよいよ実践です。

心臓マッサージを30回、人工呼吸2回を2セット各職員行いました。

乳児に関しては指2本または親指、手首で胸骨を圧迫し、力加減にも注意しました。

DSCF3105

心肺蘇生と共にAEDの使い方も学びました。

AEDも実際に蓋を開けて、パットを人形の胸やわき腹に貼ったり、

電気ショックのボタンを実際に押したりしました。

AEDから次の動作を指示する音声が響き渡り、緊迫した状況で行われました。

この応急救護研修は年に1回、

必ず行っております。

いつ何時、この研修で学んだことが必要になっても行動が起こせるように、

全職員緊張感を持って参加しています。

命を守るため、救うための大事な研修でした。

過去のブログ

図形1 図形2 図形3