法人概要

か・ぶ・と・む・し♪

2018年08月06日

ゆり組(5歳児)では、現在カブト虫を4匹飼っています。

ゆり組さんと同じく元気なカブト虫!

お世話は子ども達が率先して行い、1日1人担当の子が順番にエサをあげたり、霧吹きをしたりしています。

DSCF0465

カブト虫のお世話はまず、ゼリーを新しくすることからスタート!

DSCF0468

写真のようにゼリーがすっからかんになっていることも多く、食欲旺盛なカブト虫達です。

子ども達も「今日はよく食べてるー!」、「あまり食べてないね、大丈夫かな?」など、

ゼリーの減り具合をしっかり確認しています。

DSCF0470

ゼリーがこぼれないように丁寧に蓋を開けて・・・

DSCF0469

ゼリーを待っているカブト虫の元へ・・・

DSCF0471

置いてあげます。

「いっぱい食べてね!」「どうぞ召し上がれ!」という可愛らしい声も沢山聞こえてきます!

DSCF0473

ゼリーを新しくした後は、霧吹きで水分補給!!

端から端までしっかり霧吹きで土を湿らせます。

また、成虫になれず、亡くなってしまったカブト虫(かぶくん)がいました。

DSCF0463

皆で土に埋め、名前を書いた札を立てて、「天国にいけますように・・・」と手を合わせて祈りました。

その後に新たに1匹カブト虫が加わり、現在の4匹になりました。

カブト虫には1匹ずつ、名前を付けています。

新しいカブト虫にも名前を付けることになったとき、子ども達からこのうような声がありました。

「新しいお名前は死んでしまったかぶくんと同じ『かぶくん』にしよう。

そうしたら死んじゃったかぶくんのこと、忘れないよね」と。

子ども達の温かい優しさをひしひしと感じ、目頭が熱くなった担任です。

カブト虫を育てる中で、成長の喜びはもちろんのこと、命の尊さも得ることができ、

これからもクラス皆で大事に育てたいと思います。

過去のブログ

図形1 図形2 図形3